そもそも包茎とは 包茎の治し方

【まとめ記事】仮性包茎とはなにか?

2020-08-29

仮性包茎について、すべてをまとめています。定義、割合、デメリット、治し方、女性からの評判、等。まず仮性包茎に悩む方は必見です

※ 本記事は、さまざま今まで書いてきた記事を、『仮性包茎』という目線でまとめなおしたものです。内容に他の記事との重複があることはご了承ください

1.仮性包茎の定義

仮性包茎(かせいほうけい)とは、普段は皮を被っているものの、むこうと思えばむくことのできる種類の包茎のことです。

皮の被り方には、完全にかぶっているものから部分的にかぶっているものまでありますが、少しでも皮が被っていれば、それは仮性包茎と言われます。

なお仮性包茎という言葉は正式な医療用語ではなく俗語です。また、医学的には病気ではなく、正常な状態です。日本独自の概念であり、海外では仮性包茎という言葉はないようです。

参考:wikipedia

参考包茎の種類とは?【仮性包茎、真性包茎、カントン包茎】

そもそも包茎(ほうけい)とは、先っぽ(亀頭:きとう)が皮(包皮:ほうひ)に覆われている状態のことを指します。覆われ方にはいろいろありますが、一部でも覆われている部分があれば、それは包茎と呼ばれます。 ...

続きを見る

2.仮性包茎の人の割合

仮性包茎の人の割合は、なんと57%もいると言われています。多数派です。

そのうち、「勃起しても完全にはむけないが、手を使えば完全に亀頭が露出する」ような重度の仮性包茎の人が23.2%。「勃起するだけでむける」軽度の包茎の人が、34.8%です。仮性包茎の人の数は、意外と多いのです

(参考:TENGAヘルスケアのアンケート

3.仮性包茎のデメリット

仮性包茎としてよく言われるデメリットは、以下の5点です。

  • 女性に嫌われる
  • 臭い
  • 病気になる
  • ペニスが成長しない
  • 精神的にコンプレックスになる

ただしこれらの点については、仮性包茎は病気とは言えず、無理に直す必要はない、という意見もあります。

参考:wikipedia

3.仮性包茎の治し方

仮性包茎の治し方は、手術だけではなく、トレーニングで治すというものと、むくための道具を使うという方法があります。

3-1.トレーニングで治す

仮性包茎の人は、自然にむくことができます。なので常にむき続けている状態を作り、むき癖をつけることが重要になります。

常にむき続けるには、

  • 夜寝る前にむく
  • トイレに行く都度むく
  • 風呂に入る都度にむく

というように、むくタイミングを決めて、むくことを習慣にすることが大事です。そのようにすれば、人によってはむき癖が付き、包茎じゃない状態を維持できるようになります。

参考【必要な費用は一切なし】包茎のむき方・むき癖をつけるトレーニングの方法は?

包茎を治す方法にはいくつかありますが、そのなかに『自分で包茎をむくトレーニングをする』というものがあります。本ページでは、包茎のむき方・トレーニングの方法について解説します。 こんな方におすすめ 『仮 ...

続きを見る

3-2.むく道具を使う

仮性包茎向けの道具は、すべて皮を竿で固定し、むいた状態を維持することで、むき癖をつけることを目的としています。

種類としては、以下のようなものがあります。

  • リングタイプ(リングで皮を固定するもの) 例:マイラップR
  • ノリタイプ(ノリで皮を固定するもの) 例:仮性包茎矯正ジェル
  • テープタイプ(テープで皮を固定するもの) 例:MUKETE

今のところは、価格・信頼性を考えると、リングタイプのものがおすすめです。

参考【キトー君?クマッキー?】包茎を治す道具紹介【包茎矯正グッズ】

楽天で検索 してみて欲しい。この世の中には、いろいろな種類の包茎矯正グッズがあります。でもどれを買えばいいかはなかなかわかりづらいです。そこで管理人が、ネット上の口コミもとに、おすすめをお伝えしたいと ...

続きを見る

3-3.手術をする

包茎手術の種類としては、以下の4種類があります。

  1. 環状切開術
    ペニスの中央辺りで切り皮を取るという一番基本的な手術です。保険適用の診療で使われることが多いです。
  2. 背面切開術
    皮の一部だけが狭くなっているいるような人(基本的にはカントン包茎)に対して、その狭くなっているところだけを外から切るものです。
  3. 亀頭直下法
    これも、皮を切りとる手術です。環状切開術となにが違うかというと、こちらは切り口がカリのすぐ裏になります。よって、傷口が見えにくくっています。
  4. バックカット法
    これも、皮を切りとる手術です。では環状切開術・亀頭直下法となにが違うかというと、こちらは切り口がペニスの根元になります。よって、陰毛に隠れ傷口が見えにくくっています。
参考そもそも包茎手術とは? 包茎手術の4つの種類を解説します

包茎手術・包茎治療とは、その名の通り包茎を治すための外科的な手法すべてを指します。しかし一口に包茎手術・治療と言っても、そこには様々なやり方・種類があります。本ページでは、代表的な4つの包茎手術のやり ...

続きを見る

3-4.結局どの方法がいいか?

  1. 若い人はトレーニングから
    若い人(中学生くらいまで)には、まずはトレーニングから試すことをおすすめします。
    若い人はそこまでお金がないので、手術をしたり、矯正グッズを買うのは、少しハードルが高いのではないかと思います。
    一方で、まだまだ成長期で皮が柔らかいので、トレーニングだけでもむき癖がつけられる可能性は十分あると思います。
    もしトレーニングを続けてみてもだめだった場合は、矯正グッズにチャレンジし、それでも難しいときだけ包茎手術の検討を始めればよいと思います。

  2. 本当に悩む人は、手術を試してみる
    ただ、本当に悩んでいる高校生以上の人は、手術を検討するべきだと考えます。
    なぜなら手術だけが確実に治る方法だからです。
    それなりに年を重ねてしまうと、残念ながらトレーニングや矯正グッズでは治らない人もたくさん人もいます。

  3. それ以外の人は、矯正グッズを試してみる
    若くもなく、そこまで真剣に悩んでいるわけでもないひとは、まずは包茎矯正グッズを買って様子を見てみるのがいいかと思います。
    それで物足りなくなってきたら、手術を検討してみましょう。
【公式】包茎手術や治療相談は上野クリニック(医療法人上伸会)
【公式】包茎手術や治療相談は上野クリニック(医療法人上伸会)

包茎や性病でお悩みの方は、「ひとつウエノ男」の上野クリニックにご相談ください。経験豊富なドクターが男の悩みである包茎や性病をお客様に適した形でバッチリ解決!インターネットで簡単に予約も出来ます。

px.a8.net

4.仮性包茎の女性からの評判

過去、女性に取ったアンケートによると、あまり包茎への評判はよくないと言えそうです。

  • 包茎にはいいイメージがないようです。不潔、子供っぽいという意見が多数派。
  • そして、できれば手術をした方が良いと思っているようです。
  • ただ、実際に恋人になり、Hをするとなると話は別仮性包茎だったら、好きな人ならそこまで気にならない人が大半

好きな人なら気にならないという意見もあるので、そこまで悲観する必要はないと私としては思います。

参考【衝撃】包茎に対する女性からの意見・印象・評判は?

包茎(ほうけい)って女性からどう思われているんだろう、、、って気になりますよね。本記事では、いくつかある女性へのアンケートの結果を基に、『包茎に対する女性からの意見・印象・評判』について記載していきた ...

続きを見る

5.年齢別仮性包茎との付き合い方

いま読まれている年齢に応じて、仮性包茎との付き合い方は変わってきます。

5-1.中学生・高校生

中学生までは、これからペニスも大きくなる可能性も高く、仮性包茎について気にする必要はありません。

高校生についても、仮性包茎は病気ではないですし、まだ若いということもあるので、仮性包茎を気にする必要はないでしょう。

もし、どうしても気になる場合だけは、むき続ける道具を使うなど、簡単な方法から治すように努力していきましょう。手術までは、この時点では不要です。

参考中学生や高校生で包茎(ほうけい)は大丈夫か?

中学生や高校生になると、『自分ってもしかして包茎…?』『自分のペニスってこれで普通なの…?』と心配になる方も出てくると思います。 このページでは、『中学生や高校生で包茎なのは大丈夫か?』という点につい ...

続きを見る

5-2.若者(大学生以上)

大学生以上になると、徐々に包茎を本格的に気にする人が増えてきます。統計的にも、この世代が一番包茎を気にすると出ています。

仮性包茎は病気ではなく、無理に直す必要はないかと思いますが、気になる方は手術も含めて本格的に検討するのがよいでしょう。

参考若者 (大学生・20歳代・30歳代)での包茎手術はアリか?

大学生や、20歳代、30歳代の方で、包茎に悩む方って多いと思います。このページでは、若者の包茎とはなにか、若者の包茎手術はアリか、といった点について解説していきます。 こんな方におすすめ そもそも大学 ...

続きを見る

5-3.中高年(40代以上)

中高年になっても、包茎を気にする方は意外と多いです。まだまだ青春を謳歌したい、介護で見られた時が気になる、など。

仮性包茎は病気ではなく、無理に直す必要はないかと思いますが、中高年でも手術される方はそれなりにいるため、手術も含め本格的に検討するのがよいでしょう。

参考中高年・シニア(40歳・50歳・60歳以上)での包茎手術はアリか?

中高年・シニアの方でも、包茎に悩む方って多いと思います。このページでは、中高年・シニア固有の包茎とはなにか、中高年・シニアでの包茎手術はアリか、といった点について解説していきます。 こんな方におすすめ ...

続きを見る

6.まとめ

  • 仮性包茎は病気ではなく、一般的なことです
  • よほど気になる人以外は、手術までは不要と思います。手術以外にも、トレーニングや、グッズを使うなどの方法あり
  • 女性からの評判はそこまでよくはないですが、『好きな人なら気にしない』とのことなので希望を持ちましょう、笑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

banana

真性包茎&仮性包茎のW包茎を克服したバナナ。包茎について調べることが趣味であり、もはや包茎の専門家。包茎に関する客観的な情報を発信することを心がけている。

おすすめ記事

1

知らない方も多いかもしれませんが、包茎に関する悩みについては、どの病院も無料でカウンセリングをしてくれます。 そしてそのカウンセリングは、包茎に悩んでいる方でしたら必須と管理人は考えています。 このペ ...

2

目次 1. 包茎の悪いことって? 2. 『包茎のデメリット』は本当か? 2-1. 本当に【包茎は女性に嫌われる】のか? 2-2. 本当に【包茎は臭い】のか? 2-3. 本当に【包茎は病気になる】のか? ...

3

ABCクリニックの強みである”3つのA”について解説しています。 ※ 外部リンクです

-そもそも包茎とは, 包茎の治し方
-,

© 2020 Men's Lab Powered by AFFINGER5