包茎の治し方 包茎手術とは 包茎手術の費用・値段

【3つの裏技教えます】包茎手術の費用を安くするには?

『包茎を治すために手術を受けたい、でも費用が高くて困っている・・・』

そんな人いると思います。

確かに包茎手術は、高いと何十万円もするもであり、費用がボトルネックになる方も多いと思います。

そこでこの記事では、『包茎手術を安く受ける方法』について解説しています。

値段が高くて包茎手術をあきらめていた人は、必見です。

 

1.保険が効く病院を選ぶ

そもそも、包茎手術ができる病院には3種類があります。

病院の種類

  1. 大手総合病院(東大病院とか)
  2. 町の中小泌尿器科(よくある街の泌尿器科)
  3. 美容整形クリニック(上野クリニックとか)

 

そして包茎には、以下の3種類があります。

包茎の種類

  1. 真性包茎
  2. カントン包茎
  3. 仮性包茎

 

なんと、真性包茎やカントン包茎の人が、大手総合病院や町の中小泌尿器科で手術を受けると、保険が効く場合があるのです。

保険が効くと、2万円程度で手術ができます。(手術費用は基本的には2万1千円と決まっており、その3割負担なので約7000円です。診察費などをそこに加えても、約1.5万円~2万円程度で手術が可能)

ただしいくつか注意事項があります。

保険適用で手術をする際の注意事項

  • 大手の総合病院だと、他の患者さんもたくさんいるので、手術がすぐにできないケースがあります
  • 美容整形を専門にしているわけではないので、美容整形クリニックに比べると、手術跡が残るリスクがあるといわれています。
  • 美容整形クリニックで手術する場合は、保険は効きません
  • 保険が効くのは、真性包茎かカントン包茎の人のみ。仮性包茎の人の場合は、保険は効きません。

これらの注意事項はありつつも、2万円程度で手術ができるのは大きなメリットです。

これらを参考にしつつ、どの病院で手術すべきかを考えましょう。

参考【本当に安心・安全な病院はどこか】包茎手術で選ぶべき唯一の病院

手術をしたいと思い立っても、病院はたくさんある。ネットで調べても、どこも何となく怪しい。どこに行けばよいか分からない。管理人もそうでした。そんな人のために、管理人が考える最強の病院をお教えいたします。 ...

続きを見る

2. 手術の内容を変える

包茎手術には、いくつかの種類があり、それごとに費用が変わります。

保険が効かない場合、手術の費用は以下の通りです。

手術の種類と費用

  • 環状切開術 3-10万円程度
  • バックカット法 5-10万円程度
  • 亀頭直下埋没法 7-30万円程度
  • 根部環状切開術 15-30万円程度

基本、高ければ高いほど、手術の跡が残りにくいと考えていただければ大丈夫です。

術後のきれいさと、金額を天秤にかけることにはなりますが、より安い手術を選ぶこともできます

ただし、素人だけではどのような手術がいいのかを判断するのは難しいため、
専門家に相談したうえで判断することをお勧めします

【公式】包茎手術や治療相談は上野クリニック(医療法人上伸会)
【公式】包茎手術や治療相談は上野クリニック(医療法人上伸会)

包茎や性病でお悩みの方は、「ひとつウエノ男」の上野クリニックにご相談ください。経験豊富なドクターが男の悩みである包茎や性病をお客様に適した形でバッチリ解決!インターネットで簡単に予約も出来ます。

続きを見る

 

 

3. 手術しないで道具で治す

最後はそもそもですが、手術をしないというものです。

手術をしない代わりに、包茎を治すための道具を使います。

包茎を治すための道具はいくつかあり、仮性包茎の人と、真性包茎・カントン包茎の人で、選ぶべきものが異なります。

仮性包茎向けの道具

仮性包茎向けの道具は、すべて皮を竿で固定し、むいた状態を維持することで、むき癖をつけることを目的としています。

種類としては、以下のようなものがあります。

  • リングタイプ(リングで皮を固定するもの) 例:マイラップR
  • ノリタイプ(ノリで皮を固定するもの) 例:仮性包茎矯正ジェル
  • テープタイプ(テープで皮を固定するもの) 例:MUKETE

今のところは、価格・信頼性を考えると、リングタイプのものがおすすめです。

真性包茎・カントン包茎向けの道具

真性包茎・カントン包茎向けの道具は、狭くなってしまった皮の入り口の部分を、道具を使って徐々に広げていくことを目的としています。

真性包茎・カントン包茎向けの道具としては、キトー君くらいしか販売されているものはありません。

実績としては、99%の人が真性包茎・カントン包茎を治せているとのことなので、おすすめです。

真性包茎を自分で!キトー君メーカー直販
真性包茎を自分で!キトー君メーカー直販

真性包茎は自分で乗り越えられる。こっそり自力で卒業できるのです。

続きを見る

道具で治すことのデメリットとしては、人によっては治せない可能性があるという点になります。

手術でしたら、費用は高いですが、ほぼ確実に包茎は治せます。

一方で、道具を使って治すのは、個人のペニスの状態等に依るところもあり、一概に治せるとは言えません。

 

4. まとめ

  • 保険が効く病院を選ぶことで、手術費用を大幅に下げられる。ただし、手術跡が残るなどのリスクもある
  • 安い種類の手術を受けることもできる。ただ安ければ安いほど、手術跡が残りやすい
  • 手術をせずに、道具を使って治すこともできる。ただし本当に治るかは人による
  • これらのメリット・デメリットを鑑みたうえで、専門家に相談し、最適な治し方を考えましょう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

banana

真性包茎&仮性包茎のW包茎を克服したバナナ。包茎について調べることが趣味であり、もはや包茎の専門家。包茎に関する客観的な情報を発信することを心がけている。

おすすめ記事

1

知らない方も多いかもしれませんが、包茎に関する悩みについては、どの病院も無料でカウンセリングをしてくれます。 そしてそのカウンセリングは、包茎に悩んでいる方でしたら必須と管理人は考えています。 このペ ...

2

目次 1. 包茎の悪いことって? 2. 『包茎のデメリット』は本当か? 2-1. 本当に【包茎は女性に嫌われる】のか? 2-2. 本当に【包茎は臭い】のか? 2-3. 本当に【包茎は病気になる】のか? ...

3

ABCクリニックの強みである”3つのA”について解説しています。 ※ 外部リンクです

-包茎の治し方, 包茎手術とは, 包茎手術の費用・値段
-, , ,

© 2020 Men's Lab Powered by AFFINGER5